日本と外国の重国籍状態の相続人は、相続手続きは可能?

A.相続登記には相続人の方の現在の戸籍謄本も必要となります。外国籍を取得した場合は、日本国籍は喪失するので、戸籍謄本は発行されません。

しかし、本事案では、発行されるはずのない戸籍謄本が発行され、戸籍上は日本人のままとなっておりました。このままでは登記手続きが不可能ですので、帰化証明書の原本及び国籍喪失届をご準備頂き、国籍喪失手続きを済ませてから、無事、相続手続きを完了させることができました。

 


相続・遺言のご相談はこちら!

06-6433-5007

相続・遺言のご相談はこちら 受付時間 10:00-18:00 土日祝日対応可(要相談) 06-6433-5007

06-6433-5007

事務所概要

料金表

相談から解決まで

相続が発生したら

相続トラブルを防ぐ

コンテンツメニュー

事務所案内・アクセス
〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘2丁目3番1号3F
横浜駅徒歩5分 TEL:045-321-2211 受付時間9:00-20:00

06-6433-5007

受付時間 10:00-18:00
土日祝日対応可(要相談)

アクセスはこちら


大きな地図で見る