相談解決事例

相続手続きは尼崎・西宮の専門家へ

  • 相続は誰に依頼すればよい?司法書士と弁護士、税理士の違い
  • 相続の手続きは司法書へ!司法書士に依頼するメリット
  • 相続相談の豊富な経験と実績、当事務所が選ばれる理由

当事務所にご依頼いただいたお客様のご相談例の一部をご紹介させていただきます。
当事務所のご提案内容や、お手伝いの内容も参考にしていただければと思います。

下記の項目をクリックすると、各事例の詳細ページをご覧いただけます。

ご相談1

父が亡くなりました。父名義の自宅が遺され、長男である私の名義に相続登記したいのですが、母は認知症を患っており、意思疎通ができない状態です。子供は私と妹の二人です。このような場合でも遺産分割協議はできますか?

>>詳しくはこちら

ご相談2

夫が亡くなりました。相続人は妻である私と10歳と8歳になる子供二人です。夫名義の新築の一戸建てとその前に住んでいたマンションが遺されたのですが、マンションの方は売却を考えております。どのような手続きをすればよいでしょうか?

>>詳しくはこちら

ご相談3

内縁の夫が亡くなりました。私たちには子供もおらず、夫の両親も既に他界しており、夫には兄弟もおりません。内縁の夫の遺した自宅を相続することはできますか?

>>詳しくはこちら

ご相談4

夫が亡くなりました。夫名義の自宅を妻である私の名義に相続登記したいのですが、夫には前妻との間の子供たちがおり、遺産分割協議に協力してもらえません。どうすればいいのでしょうか?

>>詳しくはこちら

ご相談5

夫が亡くなりました。私たちには子供がおらず、両親も既に他界しているため、夫の兄弟と話し合い、夫の自宅は妻である私がもらうことになりました。どうすればいいですか?

>>詳しくはこちら

ご相談6

父の死後、母が一人で住んでいた土地建物があります。しかし母も亡くなってからはずっと空き家になっております。先日近所の方から庭の木が茂り、防犯上好ましくないので何とかして欲しい、と言われました。売却も考えましたが、道路に接道していないため売れませんでした。何とかならないでしょうか?

>>詳しくはこちら

ご相談7

父親の死亡により相続財産を調査したところ、父親所有と考えていた不動産が祖父名義のまま放置されていることが判明しました。戸籍を取り寄せてみたところ、祖父の出生から死亡までの戸籍等は保存期間経過により、一部破棄されているようで古いものは発行されませんでした。相続登記は可能でしょうか?

>>詳しくはこちら

ご相談8

借地上のアパートを相続しました。建物自体も古く、現在、賃借人は1人も入っていません。毎年、固定資産税がかかるだけでもったいないのですが、どのように処分したらいいでしょうか?

>>詳しくはこちら

ご相談9

相続人のうちの1人が海外に在住しております。帰国することなく相続手続可能でしょうか?

>>詳しくはこちら

ご相談10

相続人中に帰化した元日本人がいるが、国籍喪失届を怠っていたため、日本と外国の重国籍状態になったままであった場合、相続手続きは可能でしょうか?

>>詳しくはこちら

ご相談11

相続人同士の関係性が希薄なため、現在の連絡先等がわからない者が数名います。このような場合でも相続手続きは可能でしょうか。

>>詳しくはこちら

 


相続・遺言のご相談はこちら!

06-6433-5007

相続・遺言のご相談はこちら 受付時間 10:00-18:00 土日祝日対応可(要相談) 06-6433-5007

06-6433-5007

事務所概要

料金表

相談から解決まで

相続が発生したら

相続トラブルを防ぐ

コンテンツメニュー

事務所案内・アクセス
〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘2丁目3番1号3F
横浜駅徒歩5分 TEL:045-321-2211 受付時間9:00-20:00

06-6433-5007

受付時間 10:00-18:00
土日祝日対応可(要相談)

アクセスはこちら


大きな地図で見る