遺言書作成サポート

遺言作成サポート01

元気なうちにこそ遺言を作成しましょう!

遺言作成サポート02(相談)

「遺言書は資産家が書くものであり、自分には関係ない」「わが家は仲が良く、遺言書を残さなくても家族でうまく話し合ってくれる」などと考えている人もいます。

また、「自分はまだ遺言書を書く必要がない」と、相続についてまだ考えなくてもいいと先延ばしにしている人もいらっしゃいます。

上記のようなお悩みをお持ちの方は、まずは当事務所にご相談下さい。

遺言書

遺言は多く方が元気なうち準備をしています

遺言作成サポート03a

遺言作成サポート04遺言作成サポート05

遺言とは

遺言とは、遺言者の最終の意思を表したものです。
自分の財産について、誰に何を相続させるか、自由に決めることができます。

さらに、 財産に関する事項以外にも遺言で定めることができますが、遺言の内容に法律効果をもたらすことができる事項は、法律で決まっています。

この事項を『遺言事項』といいます。

なお、遺言は被相続人ごとに作成します。
また、遺言は、文字で残すことを原則とし、後日の改変が可能なビデオテープや録音テープなどは認められていません。

遺言の種類には、まず大きく普通方式の遺言と、特別方式の遺言に分けて定めています。

遺言書の種類についてはこちら>>

遺言書の書き方についてはこちら>>

遺言を作成する際のポイント

遺言作成サポート06

遺言の種類によって法律で厳格に書き方が定められています。

せっかく書いた遺言書も、書式に不備があったことで、遺言書自体が無効になることがあります。

自筆証書遺言と公正証書遺言の書き方についての説明をいたしますが、きちんとした遺言書を作成したいのであれば、一度司法書士などの専門家にご相談することをお勧めします。

遺言作成サポート07

遺言作成サポート08

遺言書の種類

公正証書遺言とは

遺言作成サポート09

自筆証書遺言とは

遺言作成サポート10

よくある質問

本当に相談だけでもいいんですか?

はい、大丈夫です。相続手続きに関して当事務所の専門家が親切丁寧にご相談に対応させていただきます。

遺言書ができるまでにどの程度の時間がかかりますか?

個別の事案によっても異なりますが、必要書類の収集も含め、概ね1~2ヶ月程度かかります。

  1. 遺言書は書き直しはできますか?

  2. 以前、遺言書を作成したものはいつでも書き直しが可能です。

  3. 遺言書きなおし

当事務所の相続の専門家が親身にサポート

遺言作成サポート12

当事務所の解決事例

【尼崎市/遺言書】遺言書ってどんな種類があるの?

●事案

遺言を作成したいのですが、いろいろあってよくわかりません。

なるべく遺された家族に負担がかからないよう生前に準備したいのですが

●問題点

遺族に負担をかけず、確実に遺言を残したい。

●解決

通常、遺言を残すには主に3通りの方法があります。

「自筆遺言証書」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」

この中のどの種類の遺言書を作成しても構いませんが、書き方や費用、発見後の処置など手続き的には大きく変わります。

まず、自筆遺言証書は紙とペンと印鑑があればいつでも作成できます。

しかし法的な要件を満たしていなく無効になってしまう場合も多く、開封には家庭裁判所の係官立会いのもと遺言書の中身を確認する(=検認)必要があります。 

次に、公正証書遺言ですが、作成時にあらかじめ公証人により内容がチェックされているため遺言が無効になる心配はほとんどありません。

作成時には相続財産の価格に応じて費用がかかりますが、亡くなった後は家庭裁判所の検認が不要です。

相続時にかかる時間や費用がないため、ご遺族には負担が少ない方法だと言えるでしょう。

最後に、秘密証書遺言というものがあります。これも証人立会いで公証役場で作成しますが、遺言書の内容は確認しません。遺言書が存在することだけは証明されますので、亡くなるまで内容を知られたくないという場合には良いでしょう。

しかし家庭裁判所の検認も必要で、かかる労力やコストの割りに効果が少ないと考えられ、実際にはあまり利用されていません。

遺言書を作成するご状況は様々ですし、それに応じて最適な遺言というのは違ってきますがいずれにしても遺族に確実に遺せるよう法律に従った方法で作成することが大切です。

 今回のご相談者様は残されたご遺族に負担を掛けたくないということで公正証書遺言を作成することになりました。

尼崎で当事務所が遺言で選ばれる理由

  1. 選ばれる理由(むこのそう事務所)

遺言のご無料相談受付中!

画像②相続手続きや遺言書作成、成年後見など相続に関わるご相談は当事務所にお任せ下さい。

当事務所の司法書士が親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、まずは無お気軽にご相談ください。

予約受付専用ダイヤルは06-6433-5007になります。

ご相談から解決までの流れについて詳しくはこちら>>

料金表についてはこちら>>

当事務所についてはこちら>>

遺言書作成サポート

 

遺言書作成(自筆証書) 55,000円~
遺言書作成(公正証書) 55,000円~
証人立会い 22,000円/名

遺言書作成サポートについて詳しくはこちら>>

遺言執行費用

 

遺言執行サポート

遺産総額の1.5%~

※遺産額に関わらず、報酬は最低330,000円からとなります。

遺言執行とは??詳しくはこちら>>

 


相続・遺言のご相談はこちら!

06-6433-5007

相続・遺言のご相談はこちら 受付時間 10:00-18:00 土日祝日対応可(要相談) 06-6433-5007

06-6433-5007

事務所概要

料金表

相談から解決まで

相続が発生したら

相続トラブルを防ぐ

コンテンツメニュー

事務所案内・アクセス
〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘2丁目3番1号3F
横浜駅徒歩5分 TEL:045-321-2211 受付時間9:00-20:00

06-6433-5007

受付時間 10:00-18:00
土日祝日対応可(要相談)

アクセスはこちら


大きな地図で見る